任意整理の手続きの期間はどのぐらいかかる?

任意整理の手続きの期間はどのぐらいかかる?

MENU

任意整理の手続きの期間はどのぐらいかかる?

任意整理を行うと一般的に、一定期間は新しい借金ができないとされてしまいます。
ではその借金ができなくなる期間はどれくらいなのかというと、これはその消費者が借金を申し込む業者が加盟している信用情報機関の種類によって異なってきます。
消費者の信用情報を蓄積している信用情報機関はJICCとCIC、KSCの三社があり、このうち明確に「任意整理」の情報が記録されることになるのはJICCのみです。
JICCは主に貸金業者やクレジット会社などが加盟している業者ですが、このJICCの場合は情報の記録機関として「5年」を設けています。
ではCICとKSCの場合はどうかというと、実はこれらの機関は任意整理に関する情報の記録を掲載していません。
ですが銀行や信用金庫などが加盟するKSCの場合は、銀行が「保証会社から代位弁済を受けた」という事実を記載することとなっており、この代位弁済は任意整理の手続きが完了された段階で実行されることがあります。
この代位弁済は5年を記録期間として設けていますから、KSCの場合も「5年は借金をできない」と考えるべきです。
一見すると「CICだけに加盟している業者からなら借りられるのでは」というようにも見えますが、実際にはこれら三社はCRINというシステムで情報を共有しているため、他社であっても任意整理の情報が伝わることはあります。
ですから手続きを行った際には基本的に「最低5年は借りられない」として考えておいた方がよいでしょう。