任意整理のデメリットは?※手続き前に必ず確認!

任意整理のデメリットは?※手続き前に必ず確認!

MENU

任意整理のデメリットは?※手続き前に必ず確認!

任意整理には任意に交渉できることで、手続きが簡単で時間がかからないメリットがあります。司法書士や弁護士に依頼して手続きを進めますので、債務者は特に何もしなくても良い点もメリットになります。任意整理で借金を整理するには過払い金の発生がポイントになってきますが、過払い金がない場合にはほとんど借金を減額できない性質があります。自己破産では債務が免除されますし個人再生では大幅な減額がありますが、過払い金のない任意整理には借金をほとんど減額できないデメリットがあります。またあくまでも任意の交渉ですから、債権者が必ず応じるとは限らないため思うように整理できないデメリットもあります。整理する金額が大きい場合には整理後も多額の返済が残ってしまうため、デメリットのほうが大きい場合もあります。任意整理後は信用情報機関に登録されてしまうため、完済から最低でも5年間は借金ができなくなります。借金には全てのローンが含まれますので、実質的に現金での生活となります。任意整理は返済することが原則ですが、通常では3年を目処に返済計画が立てられます。完済後から5年間ですから、返済期間も合わせると長い年月の間現金生活となってしまうのです。応じない業者が増えていますし、安易に任意整理をするのはかえって生活環境を悪化させてしまうデメリットもあります。何も努力せずにすぐに任意整理を考えるのではなく、収入を増やしたり節約をする努力を先にする必要があります。