任意整理するなら相談.com

MENU

任意整理するなら相談.com

債務整理の中で最も一般的と言われているのが任意整理です。
法律事務所では借金の無料相談を実施している所が多く在りますが、相談の中には自己破産をしなければならないようなケースも有ります。

 

任意整理と言うのは、一定の収入が有るけれども、返済を行っても元金が減らないと言った時、収入は少ないけれども借金が減額すれば何とか返そうと言った場合、返済が出来ない状態になってしまった場合など、借金で苦しんでいる状態の人が相談に応じて貰う事が出来るのです。

 

任意整理と言うのは裁判所を利用しない事からも任意と言う言葉が付いていると言います。
個人再生、自己破産、特定調停と言った債務整理は全て裁判所を通じて行われていきますが、任意整理は裁判所を利用しませんので、官報に掲載されることも無いと言います。

 

尚、この方法で債務整理を行うためには減額後の借金の返済が必要になります。
何処まで借金の減額が出来るのかは、債権者との交渉次第と言う事になるわけです。
また、債務整理をすると住宅を処分しなければならないと言うイメージを持たれている人は多いのですが、住宅を処分しなければならないのは自己破産だけであり、これ以外の債務整理は住宅を維持した状態で借金を整理していくことが出来ます。

 

尚、任意整理では減額をした借金を一定の期間の中で返済をしていくことになりますが、債権者によっては和解に応じる事無く訴訟を起こすケースもあり、この場合は弁護士だけが代理人として出廷が出来ると言う特徴を持つのです。

 

任意整理と言うのは裁判所を通じて行う自己破産や個人再生とは異なり官報に掲載されないと言う特徴が有ります。
と言うよりも、任意整理は裁判所を利用する事無く、代理人でもある弁護士が債権者と話し合いを行って、現在の借金の減額を行なったり、減額後の借金の利息を下げるなどして債務整理を行う方法です。

 

官報に掲載されることで、信用情報機関が債務整理を行った事実を共有化し、信用情報機関が管理をしている個人信用情報を照会する事で債務整理を行った事実を掴む事が出来るため、5年から7年の間は新たな借金の申し込みやクレジットカードの申し込みを行っても審査に取ることが出来なくなります。

 

債務整理の相談は、借金の相談であり借金をどのような形で整理をしていけば債務者がベストな状態になるのか、または、債務者の現在の状況にマッチした債務整理の方法は任意整理なのか、それとも個人再生や自己破産なのかと言った事を弁護士は検討をしてくれるのです。

 

相談を行う事で債務者の状況を伺い、その状況に応じた形の債務整理の方法を弁護士が導き出してくれると言う事です。

 

任意整理では返済能力が有る場合に限り利用できる債務整理ですので、相談をしたけれども返済能力が著しくゼロになると言った場合は任意整理での債務整理は難しく、自己破産を選ぶ形になるのです。

 

尚、任意整理では減額後の借金を3年ほどの期間をかけて返済を行うのが特徴で、債務整理をすることで月々の返済額が少なくなると言うメリットが有ります。